読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジェンナーロ・イヴァン・ガットゥーゾと私、2

サッカーとかを愛する馬鹿な男のページ。

ガットゥーゾなんて大したことない

ガットゥーゾなんて大したことない。
若干17歳でペルージャセリエBデビューして
それから年代別代表にずっと選ばれ続け
その翌年スコットランドの名門レンジャーズに移籍して
その闘志あふれるプレイと8得点の活躍でファンの心を掴む。
しかしイタリア語しか喋れないガットゥーゾは地元にある
イタリア料理屋に通い続け、そこの娘モニカと後に結婚。
初デートの時は父親に許可を求めた。
だが海外でのプレイは代表選出に支障が出ると考えた
ガットゥーゾは移籍を決断。レンジャーズ首脳からは
白紙の小切手を渡されたが決意を貫いた。
サレルニターナに移籍するもチームはB落ち。だが
そのプレイ振りから子供の頃から憧れのチームだった
ミランへと移籍。移籍当初はビッグネームも多いためか
プレイ時間も短かったがそのボール奪取能力と守備範囲の広さで
レギュラーをゲット。2002年ワールドカップでは屈辱に
塗れるが2006年では見事栄冠に輝き、嬉しさのあまり
ピッチの芝を食べるという奇行に走る。
また生まれ故郷であるカラブリアの失業率・治安の悪さを憂い
水産工場やサッカーチームに投資。金は出すが口は出さないを
実行する。
またスコットランドで学んだ英語でベッカムに喋りかけるが
ベッカム本人には「あれはガットゥーゾ語だね」と言われた男。


そんなどこにでもいるプレイヤー、それがジェンナーロ・ガットゥーゾ