ジェンナーロ・イヴァン・ガットゥーゾと私、2

サッカーとかを愛する馬鹿な男のページ。

なーんか誤解してる人多いんだけど

今回のミランとドンナルンマとの契約が破談になった件に関して敏腕代理人ミーノ・ライオラが全部悪い! あのピザが! ってホットになってる人がいるけど、それはおかしな話であくまでライオラはドンナルンマの代理人な訳でドンナルンマの意向を無視してまで色々な条件をつけることなんておかしいのですよ。

ライオラ「こんな条件でいいか?」

ドンナルンマ「いいっす」

という風になってる訳であり例えば18歳という年齢にしてはかなり高額の給料だったり契約解除金の額だったりその他諸々はドンナルンマがそれでお願いしますとライオラと決めた訳ですなわちドンナルンマの意志が(あと多分ドンナルンマの良心の)入ってる訳ですよ。それに対してミラン首脳陣が50分という短い時間で「それは飲めないので契約延長はない」と判断してあえて公式ページに契約更新はしませんでしたよと発表した訳で。ライオラのせいにするのは簡単だしドンナルンマが元々ミラニスタなのは有名だけどお金ってのは自分への評価な訳だしそこで引けない一線があるのはもちろん何の問題もない訳で。個人的には今回のこれは世間で将来のカピタン候補と言われようがなんだろうがミラン首脳陣がパワーゲームには乗らないよという意思表明。おそらくライオラは今回で事が収まるとは思っていなかったはず。ただミラン側は元々早く意思を決めて欲しいと早期決着したいのを隠してなかったのでこういう結果になったと。多分ミランGMがガッリアーニだったらいつもの「まあ様子を見てみようじゃないか」でまた結論先延ばしだったんじゃなかろうかと。まあミランとドンナルンマは相思相愛のようでそうじゃなかったと。郷ひろみ松田聖子みたいなもんだったんだよ。まあ世の中そんなもの。

 

あと話は変わりますがアンドレ・シウバを獲得してあとはカリニッチ獲得してミランのプリマプンタ問題は解決と思ったらカリニッチがちょっとむずかしくなったので改めてべロッティとかここら辺中華マネー(だけじゃないんですけど本当は。何故かみんなそれに対して目を背ける)で小金持ちになったミラン狂ってる。もう今の状況で獲得に使ったお金が一億ユーロに近い、ただしケシエは買い取り義務付き2年レンタルなので支払いは2年後、ただしそれをFFP的にFIFAが認めるかどうかは分からない、ですがべロッティ単品にも1億ユーロ近いおぜぜをよういするとかしないとか。なおこちらも買い取り義務付き1年レンタルで支払いを遅らせようとはしてますけど。正直アンドレ・シウバをエースにしてラパドゥーラをサブでいいと思うんですがねー。まあバッカはもうミランでプレイする気はないでしょう。彼が希望しているCL出場権があるチームにはちょっとむずかしいとは思いますが。

 

というか軽く書くつもりが長々と書いてしまうし何よりこれ需要あるのかな? と思いつつ。ツイッターだとどうしても言い切れない事あるからなあー。じゃ、まあそういうことで。

さようならドンナルンマ

ミランが公式にドンナルンマとの契約延長を結ばなかったことを表明。感想としてはあーこうなっちゃったかーって感じ。ドンナルンマ自身ミラニスタだったので暗にミランに残りたいと地味にアピールしてましたが代理人がライオラだからね。クラブとしてはいくらドンナルンマがすごい才能を持ったキーパーでも押し付けてきた契約条項にミラン上層部がノーを突きつけた感じですね。まあクルヴァ・スッドの怒りがクラブに行くのかライオラに行くのかは分かりませんが大騒ぎになるでしょうねえ。個人的に将来的な事も含め一番ドンナルンマを必要としているのはユベントスだと思うのですがユーベにはブッフォンがいるんだよね。1年だけセカンドGKにしてブッフォンの様々なものを継承させるっててもあるけどまあ今回は取りに行かないかな。どこが取りに行くかは知りませんがまあ頑張ってほしい。個人的にはシャーラウィの時の方が絶望したかな。ま、世の中こんなもんよ!

ミランですが、なにか?

アンドレ・シウバ、正式移籍決定。バッカに見切りをつけ(そんな簡単な判断をしていいストライカーでもないと思うけど)獲得を目指していたCFは色々あって20歳の若手に。ポルトでもポルトガル代表でもすでに結果を残しているしクリロナにも認められてるし能力は疑いないので変なプレッシャーをかけなければ、と言った感じ。

 

あとはフィオレンティーナからカリニッチとバレーロという噂も。おいビリアはどうした。流石にちょっと選手を取り過ぎかなあというか良さげな選手を抑えまくってるだけなんじゃ…。このままだと中盤は総入れ替えに近いんですけど。ウインガーは取らないのかな? デウロフェウがいなくなると考えて、スソ・ボナベントゥーラ・オカンポスで回すのかな?

冴えないストライカーの育て方

前回と状況が変わったのでメモメモ。

 

まずリカルド・ロドリゲスが正式にミラン入団。これで退団濃厚なデ・シリオの穴は埋まったでした。ついでに右サイドバックにはアタランタのコンティを狙う模様。

 

あとビリアの獲得間近。しかしこれでアンカーのポジションはモントリーヴォとロカテッリ(U23EURO頑張って!)がいるんだけどどうなるんだろう。モントリーヴォインサイドハーフも出来るけど。

 

で、ストライカー問題。モラタのCL後の「絶対行かない」宣言によりターゲットの比重はベロッティに移った印象。ただ移籍金にミラントリノ間で大きな開きがある。また同じくモラタにフラれたマンチェスター・ユナイテッドもベロッティをターゲットにする模様。とここでコンテにいらない子扱いされたジエゴ・コスタにもミランが興味。はにゃーん。個人的な見解としてベロッティ>ジエゴ・コスタです。能力云々よりジエゴ・コスタはプレイスタイルがラフすぎる。

 

あとどうでもいい噂としてレアル・マドリーが一年待ってドンナルンマを狙うそうですがミラン首脳陣がそこまでバカだとは思いたくないです。

ドッタンバッタンお・お・さ・わ・ぎ! ミランのメルカートはどうなんじゃろう?

と言う訳でCLも終わって楽しい楽しいメルカートの始まりです! 一部

の国では昇格プレーオフとかやってるけどまあいいじゃないか。先日

書いたあれがやってて楽しかったので備忘録も兼ねてミラン

メルカート情報を書いていくよテンション上げて付いてきて! 

とんでもない噂も書くのでそこら辺もよろしく。よろしくメカドック

 

◯正式加入
・マッテオ・ムサッキオ
17-18シーズンに向けての最初の補強。前所属ビジャレアル

アルゼンチン代表。一昨シーズンに獲得したロマニョーリは良い

プレーをしているものの、そのパートナーであるパレッタやサパタが

安定感に欠けているセンターバックを真っ先に補強することに。

なお16歳にてリーベル・プレートでデビューしてる。すごい。

 

・フランク・ケシエ
続いてシーズン中から噂のあった中盤の選手を。前所属アタランタ

コートジボワール代表。メディカルチェックで引っかかって思わず

シッソコ! シッソコ!」と思わず祈祷してしまったけれど大きな

問題はなかったらしくセーフ。なお買い取り義務付き2年レンタル

といういかにもFFPをなんとか免れようとする契約です。あと

年齢詐称疑惑とかNEXTヤヤ・トゥーレとか反応しづらい事ばかり

起きているのそういうの心配です。

 

◯噂
リカルド・ロドリゲス
正式名「リカルド・イヴァン・ロドリゲス・アラジャ」。

何故こんな事を書くかというと「リカルド・ロドリゲス」で検索すると

レーサーやらプロレスラーやらボクサーやらが大量に出てくるから。

所属ヴォルスブルグ。スイス代表。名前がいかにもラテン系ですが

父スペイン人母チリ人なので。かなり有力な情報みたいですが

サイドバックデ・シリオユベントスに移籍するのが有力なので

明確な補強ポイントですな。

 

ルーカス・ビリア
ラツィオの主将であるアルゼンチン代表。31歳とちょっと年齢が高め

だけどセリエAの水に慣れているのは安心株。ケシエもそうだけど

レンタル組とプリマ上がりでなんとか回していた中盤を補強するのは

いい事。というかボナベントゥーラは今のままだと補強の噂も

聞かないしウインガーなのかな? モンテッラはそこら辺どういう

考えなのだろう…。

 

・アルバロ・モラタ
スペイン代表ストライカー。ユベントスから買い戻しオプションで

レアル・マドリーに帰還したものの、ジダンの信頼はベンゼマ

あるので出場出来るチームに移籍を希望しそのポールポジション

イタリアでのプレーに慣れてる事及び恋人がイタリア人なので

ミランが位置して個人合意もした、と言われていたけどCL決勝が

終わった直後に「イタリアには絶対行かない」発言。ええー? 

なにそれー!? そんなの私聞いてないんですけど! でも

メルカート最強記者のディ・マルツィオ情報ではミランのFW補強の

プランAは確実にモラタなのでまあ様子を見てみようじゃないか。

 

・アンドレア・べロッティ
ディ・マルツィオ曰くモラタ獲得失敗したらこちらがターゲットに

なるプランBがこちら。アズーリのエースになるかもしれない男が

プランBとか贅沢だなーと思いつつ悠長な事やってたらインテルとか

他のクラブが獲得してしまうんじゃないでしょうか。なお地元

ミラニスタが選ぶ獲得して欲しいストライカー部門だと1位らしい。

あと結構老けてる。それ分かるー超分かるー。なおべロッティを

指導経験のある俺達のそしてミランプリマヴェーラの監督に

就任したガットゥーゾ曰く「シェフチェンコみてえ!」だそうです。

 

・ピエール・オーバメヤン
来ないよね。と言うか移籍金もお高いだろうしクラブに要求する給料も

お高い。というか噂の出処が元ミランと言うだけでまあもし来るなら

ウェルカムだけどやっぱり来ないよね。多分PSG。

 

ムサ・デンベレ
・パトリック・シック
・ジョバンニ・シメオネ
この三人に関しては将来性込みで状況を見てるって感じでしょうなー。

若いって素晴らしい! 


ルカ・モドリッチ
こういう飛ばしな噂、嫌いじゃないぜ。メルカートの華ですな。

まあもし天地がひっくり返って獲れるチャンスがあるなら是非とも

来てほしいですがまあ来ないからね。

 

とりあえずこれで終了です! 気分が乗ったらまたやります。メルカート楽しいからね!

2016-17 シェフのおすすめ木苺ムースとラズベリーケーキと俺とお前とミラン選手レビュー

と言う訳で突然だがミランの選手のレビューを始める! はっきり言えばさけし君のパクリです! さけし君の面白いからオススメです! 今から書くのはオススメじゃないです! 何故なら戦術とかそういうのよく分からないから! ってな感じでゆるふわで行きますよ。言うならデレマスでいうなら三村かな子ですよ。なんだよかな子可愛いだろ!

 

◯FW

本田圭佑

ミランの選手レビューをする際この選手を避ける事が出来るだろうかいや出来ない。と言うか本田だけでもいい気がするのだけれども。とは言えヨーロッパに来て以来一番苦しいシーズンだったのは間違いない。インザーギ政権では開幕からレギュラー、ミハイロビッチ政権では4-4-2になってから本職のチェルチを押しのけてのレギュラーだったが今季でははっきり言えばほぼのノーチャンス。ノーチャンス・イン・ヘル。まあモンテッラがとにかくウイングにはスピードタイプを起用し、インサイドハーフは人余り、トップ下は戦術的に採用せずなのでもうどうしようもなかった。なんというかモンテッラ的には第二のジョーカーだったんじゃなかろうか。16-17で契約は終了、本人もSNSミラン退団を公言しているのでサヨナラである。次はどうするのかねえ。なおPKを打つ機会がなかった。

 

カルロス・バッカ

15-16シーズンに比べると16-17は得点が減っているんだけどまあそれに伴ってこんなに勝負弱かったっけ? と思わせるシーズン。元々得点することに特化した選手なのでそれ以外は並なのであれなんだけど昨シーズンは点を取ってほしい時に取ってくれたんだけど今シーズンは全く逆で見ててもどかしくなっちゃう感じ。まあでもこういうシーズンもあるよね、なんだけどオーナーが代わったミランは大型CFに狙いを定めているので多分バイバイ。なおPKを外した。

 

・ジャンルカ・ラパドゥーラ

個人的に声に出したいイタリアの名前の選手。ペスカーラセリエB得点王になりミランカルチョメルカートが始まった瞬間にぶっこ抜いた。だけど4-3-3だったので基本的にバッカの控え。バッカと違い現代CFに求められる仕事を平均点以上こなせるんだけどそれほど長い時間ピッチに立つ事がなかったのでインパクトは残せなかった。ベル爺じゃないけど2トップの方が自分を出せるんじゃないだろうかと思う。正直好きなタイプの選手なんだけどな…。あと髭生やした方が似合うと思う。なおPKを外した。

 

・スソ

本名はヘスス・ホアキン・フェルナンデス・サエス・デ・ラ・トーレスでありスソじゃないと色々間違えそうである。間違いなく今年のミランのMVPであり特に前半戦は基本的に無双していた。足が早くドリブルもうまく足元のテクニックもあるいかにもスペイン人なウインガー。元所属のリバプールでもミランでも全然起用されなかったがジェノアでプチブレイクしたけどそれも放出候補だったけどモンテッラが必要だから止めた、という噂あり。もう一回書くけどいかにもスペイン人なのでデュエル大好き。そして勝つ。ミランが後半戦で苦戦したのもスソ(とボナベントゥーラ)がいなかったから。来季も期待。なおPKを外した。

 

・ジェラール・デウロフェウ

前半戦のMVPがスソなら後半戦のMVPはデウロフェウでいいんじゃないですかね! そしてそのスソ以上のデュエリストで1対1なら基本仕掛ける。1対2でも仕掛ける場合多い。ドリブルしなきゃ死ぬんじゃないかってほど仕掛ける。ただスソよりもパス才能はないのでチャンスメイクとかそういうのは期待しちゃいけない。よくよく考えなくてもさすが元バルセロナ。なおミランで活躍してスペイン代表復帰である。というかミランの前線でスペイン人二人が活躍とかホセ・マリとダヴィモレノの事を思うとあれであれである。なあ金沢? エヴァートンからのレンタルだけどバルセロナに買い取り権利があるのでスペインに帰る噂があるけど本人はバルサなんか行ったら出番ないだろう! とミラン残留を希望中。どうなることやら。なおPKを打つ機会がなかった。

 

・エムバイェ・ニアン

超簡単に言うと「センターだとちょっと迫力不足なんだけどサイドも出来るからまあいいじゃない、なバロテッリ」。突進力があるので前半戦ではかなり重用された。されたけど調子を落としてスタメンからちょっと外されたらふてくされてしまいやる気を出さなかったら地元ミラニスタに猛バッシングされてまたふてくされてそのままモンテッラの信頼を失ってワトフォードにレンタルに行ってしまった。どうやらそのままどこかに放出されそう。勿体無い。シャーラウィといいミランはこういうのあるのたまらん。なんとかして下さい。なおPKを外した。二本連続で。

 

・ルーカス・オカンポス

ニアンが拗ねてボナベントゥーラが怪我をしてどうしよう! となって急いでモナコから借りた。だけどその後本命のデロウフェウが無事借りられたのでそれほど出番はなかった。なおもうみなさんお分かりだと思いますが。ドリブラーデュエリストです。でもそっちの方もデウロフェウの印象が強い。今後は不明。なおPKを打つ機会がなかった。

 

◯MF

・ジャコモ・ボナベントゥーラ

14-15の夏のメルカートで期限ギリギリでミランに移籍したら殊の外水があったのか影のエースとして君臨してそのまま表のエース級になった人。今季もインサイドハーフに左ウインガーにと八面六臂の活躍だったけど怪我で今季絶望になってミランもそのまま調子を落としてしまった。やはりエース。なんというか上手い。攻撃的なポジションならCF以外はこなしそう。というかカンドレーヴァジャッケリーニとかそういう選手多いですね今のイタリアは。ELも決まったことだし来季は怪我デリがつしないことを祈るばかり。

 

リッカルド・モントリーヴォ

俺達のカピタン。カピタンだけどキャプテンシーをことさら感じさせない。それがどうなのかは俺には分からない。あとファンからの評価は低いけど指導者レベルだと評価高いのは何故なんだろうね? はっきり言うと上手い。足元とか上手いし戦術眼もあるんだけど不安はあるけど守備もこなす。多分評判よくないのはやる気が目に見えてこないからじゃないのかと思わないでもない。なお今季は2016年10月に代表戦で怪我をして復帰したのが2017年5月に復帰なので印象のクソもない。ただ復帰してすぐにアズーリに呼ばれてるのすごい。

 

・マヌエル・ロカテッリ

そんなモントリーヴォの穴を埋めたのがロカテッリ君19歳。デビューは15-16だけど本格的に起用されたのは今季。モントリーヴォの穴をそのままアンカーとして入ってユベントス戦で決勝点を決めた時はああこれでアンカーのポジションは安泰だ、と思わせておいてシーズン後半は調子を崩してホセ・ソサとの併用になってしまった。プレイスタイルはなんというかアルベルディーにみたいな気がする。気がするだけかもしれないけど。来シーズンはどう考えてもモントリーヴォとのポジション争いというかしてほしい。

 

・ユライ・クツカ

バッキバキの武闘家MF。フィジカルでごりごり押すタイプ。いかにもミハイロビッチが好きそうなタイプで実際ミハイロビッチ政権ではバリバリのレギュラー。モンテッラの下でも同じような扱いだったけどモンテッラは足テクある人間を起用する病に罹患しているので印象としてそれほど試合には出てない気がするけど調べはしない。何も噂も聞かないしレンタル組がどうなるかさっぱりパシャリッチなので多分残るんじゃないかな。

 

・マリオ・パシャリッチ

今季のミランチェルシーからのレンタル組。というかチェルシーに入団してから一度もチェルシーでプレイしてない。特徴としてはいかにもクロアチアのMFっぽい足テクがある選手。バランサーじゃないのでよく前線に顔を出してた。今季のミランのMFはボナベントゥーラもモントリーヴォも怪我でいなかったこともあるけど誰も完全レギュラーはいなかったのですがその中では、まあ、って感じ。多分ミランは買い取らないしそうしたらチェルシーからまた何処かにレンタルでしょう。

 

マティアス・フェルナンデス

フィオレンティーナからのレンタル組。普通ならレンタルに出るような年齢でもないんだけれども。非常に偏った意見なんだけれどもいると安心出来るというかなんというか。やはりというかなんというか来季どうなるかは不明。個人的には買い取ってもいいんじゃないかと思ってます。

 

・ホセ・ソサ

攻撃的MFだった気がするけど何故かアンカーでの出番ばかりだった。テクニックは高いし守備もよくやってくれたとは思うけどじゃあ活躍したかと言われるとほにゃらほにゃら。インサイドハーフの方が良かったんじゃないかなーと思いつつモントリーヴォいなかったからねしょうがないね。

 

アンドレア・ポーリ

・アンドレア・ベルトラッチ

まあ来季がんばってくれ。ポーリはミランから放出されそうだけど。なおベルトラッチの移籍金の事を考えてはいけない。

 

DF

・アレッシオ・ロマニョーリ

若き身でミランのDFリーダーであり中心。今思うとローマはよく売ってくれたと思うし高い移籍金の価値はあった。今時のCBらしくフィジカルもあるしボール奪取も出来るしパントもあるしという総合的なCBである。物足りなさがないわけじゃないけど。というかロマニョーリいないとミランのディフェンスはゆるふわなので是非とも怪我をせずに頑張って欲しい。

 

ガブリエル・パレッタ

髪に関してはすべてを諦めた。前半戦ではロマニョーリの相棒として若きDFリーダーをフォローしていたけど段々ポカをしなければミランのCBじゃないと言わんばかりの軽さを見せつけてくれた。元々南米出身のCBっぽいフィジカル寄りの選手だったけれどもなんというかなんでそれをする? みたいな場面が多くて見てて辛み。

 

クリスティアン・サパタ

気付いたらもう古株レベルでミランにいるなー。なおプレイヤー的に成長しているとかそういうことは一切ない。フィジカルで跳ね返すけどテクニックで振り回されるのは相変わらずです。とは言えロマニョーリが怪我でいなかったりパレッタがあれしたりでそれなりに出番はあったしなによりミラノデルビーの劇的同点弾だけでお釣りは十分な気がしないでもない。バッカのお友達枠とか言うな。バッカがいなくなってもいるかどうかは不明だけど。

 

・グスタボ・ゴメス

ロマニョーリの相棒を期待されたけど特にインパクトは残せず。いやその方がCBとしてはいいんじゃないのって気がしないでもないけど。

 

・マッテア・デ・シリオ

いや今季無茶苦茶頑張ってくれましたよ? 地元ミラニスタからボロボロに言われてるけど俺は全然叩かれる要素はないと思う。まあ守備意識と言うか瞬間の状況判断能力がちょっと、とは思うけれど。なおミラニスタに叩かれまくったせいか来季は恩師アッレグリのいるユベントス行きが濃厚。後々悔やみそうな気がしないでもない。

 

イニャツィオ・アバーテ

俺達のアバーテ。年を取って非常に軽かったプレイも段々治まっていき円熟のフォローを見せていたけれども目の病気で無念の離脱。アバーテの離脱も後半戦の失速の原因の一つだなー。目の怪我治ったら頑張ってほしい。

 

ダヴィテ・カラブリア

なんか全然印象にない。試合には出てるのに。(主に俺の記憶が)おかしい。まあシーズンと同じくデ・シリオの穴を埋めるんじゃないでしょうか。

 

GK

・ジャンルイジ・ドンナルンマ

ミランの希望の星。手足が長いけどスピード感にも溢れ瞬間的反応もものすごい。まあ普通にならこのままあと15年はミランのゴールを守って欲しいんだけどあまりにもものすごいのでGKに不安のあるチームとかから引く手あまたで代理人が敏腕デブのミーノ・ライオラなのでどうにもそこら辺が不安定である。プレーは安定なのにな! まあドンナルンマ君は後ろからのコーチ力を付けたら大変なことになるでしょう。

 

監督

・ヴォンチェンツォ・モンテッラ

シーズン前半戦はスソとかの活躍で一時3位だったが怪我人が続出した後半戦は失速。息も切れ切れでなんとかEL出場権を獲得。今までの監督業通り攻撃的メソッドはいいんだけど守備に関しては結局何も解決できないままシーズンが終わってしまった。オーナーが代わったおかげか、交代劇もなしでそのまま17-18シーズンに入りそうだけど中盤の守備要素をなんとかしないと結局今シーズンと同じような感じになっちゃう気がしないでもない。まあ来季はユベントスをなんとかしろとは言わないけどローマやナポリを出し抜いてCL出場権をゲットして欲しい。

 

おまけ

シルヴィオ・ベルルスコーニ

昔はお金を出すから口も出す、だったけどフィニンベストからお金を引っ張れなくなったからは金はないけど2トップとトップ下が最高、大丈夫私はサッカーに詳しいんだ病に罹患してしまいどうしようもなかったベル爺もついに中国マネーに膝を屈した。とはいえガッリアーニとのコンビでミランをめちゃくちゃ強くしたのは事実であるのでそこら辺の評価は絶対にするべき。とりあえず今までありがとうそしてさようなら…。

 

以上でーす。なんか言いたいことあったらツイッターでもこのブログでも言ってくれればいいよ!

戦争映画ベストテン

わーブログ書くの久しぶりー。と言う訳で本題ドン。

 

戦争映画ベストテン - 男の魂に火をつけろ! <戦争映画ベストテン受付中>

 

に参加する訳。どーゆーあんだすたあん?

 

1位:この世界の片隅に(2016年 片渕須直監督)
2位:スターシップ・トゥルーパーズ(1998年 ポール・ヴァーホーヴェン監督)
3位:地獄の黙示録(1979年 フランシス・フォード・コッポラ監督)
4位:ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還(2004年 ピーター・ジャクソン監督)
5位:戦争のはらわた(1977年 サム・ペキンパー監督)
6位:イングロリアス・バスターズ(2009年 クエンティン・タランティーノ監督)
7位:プライベート・ライアン(1998年 スティーヴン・スピルバーグ監督)
8位:戦国自衛隊(1979年 斎藤光正監督)
9位:スター・ウォーズ ジェダイの帰還(1983年 リチャード・マーカンド監督)
10位:ブラックホークダウン(2002年 リドリー・スコット監督)

 

各映画の寸評? 無いよ!!