読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジェンナーロ・イヴァン・ガットゥーゾと私、2

サッカーとかを愛する馬鹿な男のページ。

キルラキルのサブタイトルの元ネタの曲を淡々と貼るだけの簡単な更新。

無事、というか期待通りのエンディングを迎えたキルラキル、面白かったですね。ここで普通なら感想やらなんやらを書くのが普通なんでしょうけど(ここで一旦虚空を見つめ)そんなのはどうだっていいんだよ! 面白ければ問題なし! 文句のある奴はケツを蹴り飛ばしてスマックダウンホテルにぶち込んでやる!

 

でもこのアニメに関して何かを残しておきたい、そう思った俺はサブタイトルが昭和の歌謡曲がネタになっているのをただ淡々と貼る。

 

第一話「あざみのごとく棘あれば

https://www.youtube.com/watch?v=aPXD915n2IE

曲では「あざみの如く棘あれば」。古谷一行金田一耕助シリーズの主題歌。

 

第二話「気絶するほど悩ましい

https://www.youtube.com/watch?v=Xyf-LGuocg0

Charの歌ですが俺の世代だと沖田浩之のカバーかなあ。

 

第三話「純血」

https://www.youtube.com/watch?v=fVLUOmpdLy8

この曲だけですね、本編と密接に関連しているタイトルは。

 

第四話「とても不幸な朝が来た」

https://www.youtube.com/watch?v=7sKjtkcP1q0

なんていうかすごくパンク魂あふれる曲名だなあ。

 

第五話「銃爪」

https://www.youtube.com/watch?v=s70LtnWxsVo

世良公則のカッコ良さは異常。なおこの回で「あ、このアニメのタイトルは昔の曲なんだ」と気付きました。

 

第六話「気分次第で責めないで」

https://www.youtube.com/watch?v=Q2l2RrY4X-g

原曲は「気分しだいで責めないで」。そしてサザンオールスターのコピーバンドしか見つからないという。こんな企画するんじゃなかった!

 

第七話「憎みきれないろくでなし」

https://www.youtube.com/watch?v=FtF5mNd3Pfs

ジュリィいいいいいい! 蛇界転生。

 

第八話「俺の涙は俺が拭く」

https://www.youtube.com/watch?v=YZntrR3hw_I

原曲は「俺の涙は俺がふく」。イントロ超かっこいいなこの曲(聞いた記憶ありませんでした)

 

第九話「チャンスは一度 」

https://www.youtube.com/watch?v=yCe2be37P4s

なんとなくなんですけど、中島かずきはその歌手の代表曲を外してる気がするなー。

 

第十話「あなたを・もっと・しりたくて」

https://www.youtube.com/watch?v=Idw3V4DuDZ4

薬師丸ひろ子の歌声はエロい。

 

第十一話「可愛い女と呼ばないで」

http://www.nicovideo.jp/watch/sm5088036

ようつべにない上に金井夕子の原曲はどこにもなかったんよ? 

 

第十二話「悲しみにつばをかけろ」

https://www.youtube.com/watch?v=EQ4ft1rdGcQ

ドラマ「白い牙」テーマ曲。

 

第十三話「君に薔薇薔薇...という感じ」

https://www.youtube.com/watch?v=qwzhoLCXerI

どうでもいいが俺の上の姉が田原俊彦の大ファンだった。よってトシちゃんの曲はすげえ耳に残っている。

 

第十四話「急げ風のように」

https://www.youtube.com/watch?v=xYj9BNKST4s

ドラマ「浮世絵女ねずみ小僧」テーマ曲。

 

第十五話「どうにもとまらない」

https://www.youtube.com/watch?v=aATuqZ9W6Sw

うわこの曲俺の生まれる前じゃない! そう思うとすげえなあ…。

 

第十六話「女はそれを我慢できない」

https://www.youtube.com/watch?v=m0sHtR_juSg

アン・ルイスは本当にかっこいい。

 

第十七話「何故にお前は」

http://www.dailymotion.com/video/x1jr3z1_17-%E4%BD%95%E6%95%85%E3%81%AB%E3%81%8A%E5%89%8D%E3%81%AF-%E5%8C%97%E5%A4%A7%E8%B7%AF%E6%AC%A3%E4%B9%9F_music

まさかのdailymotion。北大路欣也の歌でドラマ「地獄の辰捕物控」テーマ曲。

 

第十八話「夜へ急ぐ人

https://www.youtube.com/watch?v=EcNHdRFWpB8

すげえ歌詞…。

 

第十九話「たどりついたらいつも雨ふり

https://www.youtube.com/watch?v=90IyXd8vESA

吉田拓郎ですね。

 

第二十話「とおく群衆を離れて」

http://www.dailymotion.com/video/x1jqomx_20-%E3%81%A8%E3%81%8A%E3%81%8F%E7%BE%A4%E8%A1%86%E3%82%92%E9%9B%A2%E3%82%8C%E3%81%A6-%E5%A4%AA%E7%94%B0%E3%81%A8%E3%82%82%E5%AD%90_music

dailymotion再び。たまげたなあ…。にしてもこの曲かっこいい。

 

第二十一話「未完成」

https://www.youtube.com/watch?v=ylMFxcIoIk4

郷ひろみがまだヒロミゴーじゃない頃の曲ですな。ギターかっけえ。

 

第二十二話「唇よ、熱く君を語れ

https://www.youtube.com/watch?v=upLb9n4x0N0

CMで使われてましたね。

 

第二十三話「イミテイション・ゴールド」

http://www.dailymotion.com/video/xdwxd6_%E3%82%A4%E3%83%9F%E3%83%86%E3%82%A4%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89-%E5%B1%B1%E5%8F%A3%E7%99%BE%E6%81%B5_people

まさかのこの名曲が無いとはなあ…。山口百恵は今見てもすげえかっこいいので若い世代は色々検索するといい。

 

第二十四話「果てしなき闇の彼方に」

https://www.youtube.com/watch?v=0b5q3nzgttQ

あしたのジョー2ED。まあおぼたけしのあしたのジョー曲は全部名曲だからね、仕方ないね。

 

まあキルラキルは傑作でそのサブタイトルに使われた曲も名曲ばかりということでもうそれでいいんじゃないかな(オチを付ける気無し)。

SF映画ベストテン

http://d.hatena.ne.jp/washburn1975/20131031

久しぶりに参加しまっす。心の余裕って大事ですよねー。

1:ウォッチメン(2009年アメリカ、ザック・スナイダー監督、ジャッキー・アール・ヘイリー主演)
2:魔法少女まどかマギカ新編 叛逆の物語(2013年日本、新房昭之総監督、悠木碧斎藤千和主演)
3:エイリアン2 (1986年アメリカ、ジェームズ・キャメロン監督、シガニー・ウィーバー主演)
4:リベリオン(2003年アメリカ、カート・ウィマー監督、クリスチャン・ベール主演)
5:JM(1995年アメリカ、ロバート・ロンゴ監督、キアヌ・リーヴス主演)
6:ブレードランナー(1982年アメリカ、リドリー・スコット監督、ハリソン・フォード主演)
7:パシフィック・リム(2013年アメリカ、     ギレルモ・デル・トロ監督、チャーリー・ハナム主演)
8:2001年宇宙の旅(1968年アメリカ、スタンリー・キューブリック監督、ケア・ダレー主演)
9:プレデター(1987年アメリカ、ジョン・マクティアナン監督、アーノルド・シュワルツェネッガー主演)
10:攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D(2011年日本、神山健治監督、田中敦子主演)

 

うん、俺らしい…。ウォッチメンがSFなのかって? Dr.マンハッタンさん無茶苦茶SFじゃねえか!! そして自分でも入れておいてなんだけど2位に草不可避というかほらあんまりにも衝撃だったから…。他は無難ね…。 

 

劇場版魔法少女まどか☆マギカ感想(壮大なネタバレ)

という訳で劇場版のまどマギ観てきた! ゲロが出るほど面白かった!! とりあえず面白すぎて気持ちがざわついているのでこれを書いて落ち着くこととす。まだ未見の人がこれを見ることはまかりならん。

 

続きを読む

ゲスだ! お前はゲスになるんだ!

イヤァオ!(挨拶) 

 

いやなんていうの、人として8ヶ月以上放置とかどうなの? 「ガットゥーゾがシオンの選手兼監督になったら監督だけ解任されてしかも気付いたらセリエBに降格したパレルモの監督になっていた」とか「ミランとチェスカの本田△大騒動(リャイッチもあるでよう)」とか色々書くネタはあったじゃない! まあ俺だって病気になったり仕事クビになったり父親死んだりといろいろあったんじゃ…あったんじゃよ…。

 

まあそれはともかく。このお盆にあえてみんなに推奨したい。

 

「ゲスになろうぜ!!」

 

なんてーの、人の不幸は蜜の味じゃん? 世の中キレイ事ばっかりじゃないじゃん? むしろ人間の! 汚い面こそが! 見ていて! 面白いんだよ!

 

という訳で今から2ちゃんまとめ系からいくつかの読んでいて基本「人間は性根腐っているから全滅させよう」と思わず知的生命体が思うような俺の大好きな記事をピックアップ! なおこういうものに付き物な釣りか否かは今回は問いませぬ。矛盾しますがこういう2ちゃんまとめ系ってまず面白ければいいと思っているので。

 

・Hagex-day.info

http://d.hatena.ne.jp/hagex/

ここだけ記事抜き取りじゃなくページそのもの。よりどりみどりのゲスな記事が詰まっておりここを読み始めることからゲスラーへの道が始まるといっても過言ではない。また頭おかしい系ネット知識人へのツッコミもまた楽しい。

 

ヒクソン

http://blog.livedoor.jp/love2ch/archives/50842886.html

過去も現在も浮気関係のネタは石を投げればどこかに当たるほどある訳ですが、その中でもこの記事は「浮気復讐モノ」の雛形としてどこかの美術館に飾っておきたい程素晴らしい。いまある復讐モノはこの記事から始まった、簡単にいえば浮気復讐モノの力道山先生ですよ! スカッとしてしまいますがこういう場合は復讐されたゲスにニヤニヤするといいです。

 

・日曜日 ◆c2tSFmruf.

http://sister1234.web.fc2.com/sunday/

ゲスというか頭湧いてる系。奥さんとのコラボ作品なわけですがその対比が面白い。そしてこの男、人の話を全く聞かない&理解できない。馬鹿な男が地獄に落ちる様をブランデー片手にどうぞ。

 

・てっちゃん ◆pjT61fojK2

http://sister1234.web.fc2.com/sunday/tetsu.html

正統派ゲス。自分のことは棚に上げ奥さんのことを責めるばかり。最後まで反省しないその姿勢は「ああ、クズや…」と言う感想しか出てこない。

 

・町役場 ◆tg7siRAOv2

http://www29.atwiki.jp/matome-tera/pages/12.html

典型的自己中心的ゲス。女性の方は途中で気分悪くなるかもしれませんのでご注意。あと世の中の男はこんなヤツばっかりじゃないよ! 

 

・ タイチ ◆aBA6Mc1NDo

http://www29.atwiki.jp/matome-tera/pages/62.html

ただただ読んでいて殴りたくる。

 

・コロ ◆FaqptSLluw

http://www29.atwiki.jp/matome-tera/pages/192.html

ここで一服の清涼剤。最初はまあ単なるクズの相談だったのが段々路線を離れて何故か面白方面へ…。ロミオメールと言う概念がない時期にこれを仕上げた職人に乾杯!

 

・LA ◆Ev31kV9NFU

http://www29.atwiki.jp/matome-tera/pages/454.html

まあ色々な所に生息する「他人のことを見下さないと生きていけないの? どうなの?」系男が送るめくるめくジェットコースター劇。まあ本当にプライドが高い。

でもどうしようもない。奥さんとのコラボもあるけど単品でも十分いける一品です。

 

・理得参上!!

http://www4.atwiki.jp/purin/pages/200.html

正直お作り物くさいんだけどそうだとしてもよくこんなゲスい人物を創作できたと思うだけで反吐が出そう。

 

・酢旦那

http://2chkijo.blog9.mmm.me/mmmblog-entry-178.html

「嫁のメシが不味い」通称メシマズスレはその秀逸なスレタイとともに人気があるスレッドの一つですがそんな中こんな恐怖体験をする人が! 恐ろしい! クズどころじゃねえだろ! 

 

・海水男

http://mashimaz.blog95.fc2.com/blog-entry-1229.html

http://usagisokuhou.blog.fc2.com/blog-entry-302.html

またメシマズ系から。自分の味覚障害を棚に上げ(アンチョビそのままご飯に乗っけて食っちゃダメだろ…)嫁を攻撃していたら離婚。まあそれだけでも十分制裁を受けたといえるのですが、実はまだ続きがあるのです…。人と人とは理解し合うことが大事だね!

 

・伝説の922

http://www4.atwiki.jp/purin/pages/292.html

怖い。何が怖いって自己責任を顧みず全て他人のせいにして自分の利益しか考えてないその思想が。人と人とは(以下略)

 

・毎週末夕食をたかり他人の家庭を破壊

http://d.hatena.ne.jp/hagex/20090618/p1

ラストは近年で最も俺が最悪だと思ったエピソードで。これも他人を見下ろす人間の所業なんですが何がゲスいって自分たちじゃなく他人に迷惑をかけている所。しかもナチュラルに。鴨を知らずに食べて後でゲーゲー吐くエピソードなんてこちらが吐き気を催します。皆も真夏に嫌な気分になろうぜ!

 

いかがでしたでしょうか? 自分は性善説性悪説も信じておりません。ただ世の中には色々な人間がいて色々な考えを持ち色々な生活をしている。その中で自分がどれだけ自分を律することが出来るか、それが人として生き方なのではないかと。

 

なーんていいこと書いて自分のゲスさを少しでも掻き消すテスト。

新日本プロレス1・4東京ドーム大会感想

へーいあけましておめでとうおめでとう。この文を読んだ人が全員俺より

不幸になりますように!!

 

まあ冗談はともかくこのガットゥーゾ好き好きブログですがシオンの試合が

2月まで再開されないというさすがハイジと御爺が雪が深くなる冬にはアルムの

山から降りて街で住むぐらいの国だよスイスは! まあワールドサッカーキングで

ガットゥーゾのインタビュー載ってるけどそれは自分の目で確かみてみろ!

という訳でここは趣向を変えていきなりこの年頭にヘタすれば2013年ベスト

興行になってしまうかもしれない1・4東京ドームの感想を書くよ。ちなみに

ニコ生で見ました。選手名書くのめんどいから各自下のリンクで確かみてみろ!

(二度目)

http://www.njpw.co.jp/match/detail_result.php?e=657

 

・ダークマッチ 第一試合

メキシコから帰ってきたタマ・トンガがいい。元々躍動感あふれる選手だったけど

遠征で自信をつけたのか勢いを感じるというかダークマッチじゃもったいない!

試合もCIMAが使っていたナカユビチックな胴締め式DDTで邪道さんからピン。

このままG1出れるぐらい邁進して欲しい! 亘は頑張れウン頑張れ。

あとキャプテンは試合に参加するように。

 

・ダークマッチ 第二試合

らいがああああああああああああああああああああああああああああ! もう

色んな選手が頑張ったんだけど思い出そうとするとライガーのことしか覚えてない

何たる存在感&安定感。タイムスリッパーズとの選手権試合早く見たいよー。

 

・第一試合

第一試合でボブ・サップと曙が出るとか何なの? ギャラ幾らかかってるの!?

的な試合でしたがいきなり中西と一緒に実況しながら入場してくる野上アナwww

お前はあれか、ロードドッグ・ジェシー・ジェイムスか!! 試合は8人タッグ

らしい大味なんですがでもそれが楽しい。っていうか中西のジャーマンから

アルゼンチンで決まってもういきなりの幸福感。野上アナも飯塚に復讐して

これまた幸福感。

 

・第二試合

名勝負メーカーで仕事人な田中将斗の試合に外れなし。シェルトン・ベンジャミンの

身体能力に疑いの余地なし。新日での田中はヒールなのであの決着も致し方ない

けどでももうちょっと二人の試合巧者っぷりが見たかったかなあ。6分は短いかな?

 

・第三試合

タッグ選手権が第三試合とかおかしいですよカテジナさん!! ワールドタッグ

リーグ決勝の再戦だったわけですがあの試合よりはちょっと落ちちゃうかなあ。

しかし終盤のキラーボム三連発は説得力ありすぎ。あとランス・アーチャーは

ラストライドツームストンパイルドライバーを覚えろ。入場曲のイントロに

鐘の音と「Dead Man walking」って入れろ。

 

・第四試合

もう情念の試合。鈴木みのるはよく「プロレスは技じゃねえんだ」っていうけど

こういう試合見せられると納得しちゃうわあ。二人共表情でもプロレスするから

いいんだよね。細かく見ると見どころ満載の試合。結果は出たけどこの二人からは

まだまだ目を離せないけど永田さんそろそろIWGP行きませんか? 

 

・第五試合

ベストバウト候補その1。もうとにかく三人とも動き早すぎ目まぐるしすぎ。

それでいて三人とも自分も持ち味をちゃんと入れてくるのはさすが。でも

試合をコントロールしてたのは「ヒットマン」のコスプレで背広のまま

ファイトしたロウ・キーだったかなあ、と。でも勝ったのはえっぐい技を

飯伏に決めたデヴィちゃん。いやー面白かった! この試合がメインでも

おかしくないのにここで休憩なんですのよ奥さん。

 

・第六試合

橋本大地が骨折して大谷に変わってしまったためテーマがぼやけてしまった

この試合。でも武藤と大谷ですよ、レスリングマスターと全力ファイト男ですよ

面白くならないわけがない。もうみんな武藤の膝がボロボロで昔のような

華麗な動きは出来ないって分かってる。でも武藤がリングに上がるとそのすべてが

武藤の物になる。恐ろしい。大谷は大谷でドームだろうと小学校のリングだろうと

変わらないファイトをする男。そして観客の盛り上げ方を理解しきっている男。

試合に勝ったのはテンコジだけど主役はこの二人だった。そしてもう一人の

主人公は早く怪我を治してリングに上がるんだ! その間に新日は蝶野の説得に

全力をかけろ!

 

・第七試合

なんというかこの二人だからこそ、いやこの二人にこそやってほしい「ゴツゴツ

とした試合」。真壁のラリアットやエルボー、柴田のキック等見てるだけで痛さを

感じる試合。そう、こういう試合が見たかったんだ!! 柴田の見るからに

スティッフな攻撃を正面から受ける真壁も細い体でパワーボムオンザテーブルを

食らう柴田も立派。さあ、柴田、お前のいる場所はここだぞ、プロレスのリング

だぞ!! お前はここで終わる人間じゃないって皆分ってるからな! 真壁も

今の路線をグングン突き進んでほしい。今の新日でこういう試合ができるのは

真壁と石井だけなんだから。

 

・第八試合

ベストバウト候補その二。このヒリヒリとした緊張感。いつどこで何が起こるか、

決まってしまうか分からないこそ目が離せない。桜庭の頭の良さはどのリングに

上がっても健在で何をどうやればいいか、どうすれば盛り上がるかを数回新日の

リングに上っただけで理解しちゃってる。すげえ。そしてそれを全部飲み込んだ

上で膝で決めた中邑。思わずフィニッシュシーンで大声出しちゃったよ俺は。

 

・第九試合

ベストバウト候補その三。この試合に関してはもう言葉無いや。なんとかして

映像で見てほしい。世代交代をかけた二人の男の情念がうずまいた、東京ドームの

メインに相応しい試合。棚橋はなんやかんや言ってちゃんといい試合を連発するん

だよなあ…。そしてオカダももちろん見事。さすがMVP。2013年はまだ長い、

ここからだぞ!

 

以上です編集長! 試合数多いからもうヘトヘトであり締めの言葉すら

思いつかないけど一つだけ書けば「プロレスは面白いんです!」

 

へーい皆久しぶりー

おいそんなことよりスイス・スーパーリーグの上位四チームの順位ですよ。

 

1:グラスホッパー 勝点33

2:セント・ガレン 勝点32

3:シオン 勝点31

4:バーゼル 勝点30

 

やっべやっべ!! 何この素敵な順位。しかも次の11月24日、ガットゥーゾカピターノ率いるシオンは首位グラスホッパーとの試合でありいわゆる正念場! キャー頑張ってーガットゥーゾさーん。という訳でミラニスタ含めガットゥージスタは全員応援するように。