読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジェンナーロ・イヴァン・ガットゥーゾと私、2

サッカーとかを愛する馬鹿な男のページ。

UFC141 アリスター・オーフレイム対ブロック・レスナー 雑感

まず一つ書いておくと単なる感想なので過度の期待は禁物なのだー。

 

アリスター・オーフレイム。リングスで格闘家としてデビュー、PRIDEに移ってからはミドル級として「スタートダッシュはスゴイけど…」と言われていたのも昔の話。筋肉の鎧を纏い、ギロチン・チョークと膝蹴りでストライク・フォースとDREAMのヘビー級戴冠。返す刀で立ち技のみのK-1GP2010をも制覇した男。間違いなく容赦なき「強者」。

 

ブロック・レスナー。学生時代はアメリカンフットボールレスリングを嗜み、レスリングでは全米王者。そのまま世界最大のプロレス団体WWEにてデビュー。とてつもない運動神経でチャンピオンに。その後団体を離脱し紆余曲折しながらUFCに辿り着き、ついにはそこでもヘビー級王者に。病気のブランクが心配だが、それでも比類無き「強者」。

 

そんな二人が2011年最後のUFCのメインイベント、つまり去年のUFCの最後の試合で対戦した。アリスターはこれがUFCデビュー戦である。

 

戦前の予想は立って勝負のアリスター、寝かして勝負のレスナー。非常に簡単な、単純な構図である。もっと詳しく説明するとアリスターの武器ははっきり言えば左右のフック、膝蹴り、ギロチン・チョーク。この3つ。もちろん他の技術も持っているが勝負を決める技はこれだけといっていいだろう。逆に言えばレスナーはこの3つに気を使いテイクダウンをしなければならない。テイクダウンをしたら容赦なくパウンドを決める。ただアリスターは腰も重く、また下手に胴タックル等をしかけると万力のようなギロチン・チョークが待っている。

 

自分はそんな点と二人のスタミナを考えて判定決着はないと思っていた。その予想は当たったが、結末は残酷だった。

 

この試合でレスナーがした事はローキック、ジャブ(これは当たっていた)、片足を持つ、これだけ。しかし片足を持たれたアリスターが基本的な回転動作でするりとそれを抜けた後は、虐殺ショーの始まりだった。フックを見せつつ首相撲からの膝蹴りを2、3発放つ動作を何度か見せるアリスター。表情には見えないがレスナーがそれを嫌がってるのはありありと見え、体は後ろへと下がっていく。それを見てアリスターは膝蹴りをまだ見せる。が、足を取られるのを嫌い決して長時間は首相撲をせず、自ら離す。そして勝負の時は来る。左ミドルキック。非常に基本的な技だが現在のMMAではフィニッシャーおよびその前段階にはなりづらい技。だがアリスターはこれを放ちレスナーの肝臓を打ちぬく。一瞬遅れて尻餅をついたレスナーには、もうアリスターの追撃を返す手立てはなかった。

 

1R2分26秒、アリスター・オーフレイムのTKO勝ち。これでアリスターは現UFCヘビー級王者、ジュニオール・ドス・サントスへの挑戦権を得た。敗者レスナーMMAからの引退を表明。スポーツは残酷だ。勝者と敗者の差が勝負の後にもついてくる。だがそれが、勝負なのだ。アリスターには勝者への拍手を。レスナーには功労の拍手を。