ジェンナーロ・イヴァン・ガットゥーゾと私、2

サッカーとかを愛する馬鹿な男のページ。

2016-17 シェフのおすすめ木苺ムースとラズベリーケーキと俺とお前とミラン選手レビュー

と言う訳で突然だがミランの選手のレビューを始める! はっきり言えばさけし君のパクリです! さけし君の面白いからオススメです! 今から書くのはオススメじゃないです! 何故なら戦術とかそういうのよく分からないから! ってな感じでゆるふわで行きますよ。言うならデレマスでいうなら三村かな子ですよ。なんだよかな子可愛いだろ!

 

◯FW

本田圭佑

ミランの選手レビューをする際この選手を避ける事が出来るだろうかいや出来ない。と言うか本田だけでもいい気がするのだけれども。とは言えヨーロッパに来て以来一番苦しいシーズンだったのは間違いない。インザーギ政権では開幕からレギュラー、ミハイロビッチ政権では4-4-2になってから本職のチェルチを押しのけてのレギュラーだったが今季でははっきり言えばほぼのノーチャンス。ノーチャンス・イン・ヘル。まあモンテッラがとにかくウイングにはスピードタイプを起用し、インサイドハーフは人余り、トップ下は戦術的に採用せずなのでもうどうしようもなかった。なんというかモンテッラ的には第二のジョーカーだったんじゃなかろうか。16-17で契約は終了、本人もSNSミラン退団を公言しているのでサヨナラである。次はどうするのかねえ。なおPKを打つ機会がなかった。

 

カルロス・バッカ

15-16シーズンに比べると16-17は得点が減っているんだけどまあそれに伴ってこんなに勝負弱かったっけ? と思わせるシーズン。元々得点することに特化した選手なのでそれ以外は並なのであれなんだけど昨シーズンは点を取ってほしい時に取ってくれたんだけど今シーズンは全く逆で見ててもどかしくなっちゃう感じ。まあでもこういうシーズンもあるよね、なんだけどオーナーが代わったミランは大型CFに狙いを定めているので多分バイバイ。なおPKを外した。

 

・ジャンルカ・ラパドゥーラ

個人的に声に出したいイタリアの名前の選手。ペスカーラセリエB得点王になりミランカルチョメルカートが始まった瞬間にぶっこ抜いた。だけど4-3-3だったので基本的にバッカの控え。バッカと違い現代CFに求められる仕事を平均点以上こなせるんだけどそれほど長い時間ピッチに立つ事がなかったのでインパクトは残せなかった。ベル爺じゃないけど2トップの方が自分を出せるんじゃないだろうかと思う。正直好きなタイプの選手なんだけどな…。あと髭生やした方が似合うと思う。なおPKを外した。

 

・スソ

本名はヘスス・ホアキン・フェルナンデス・サエス・デ・ラ・トーレスでありスソじゃないと色々間違えそうである。間違いなく今年のミランのMVPであり特に前半戦は基本的に無双していた。足が早くドリブルもうまく足元のテクニックもあるいかにもスペイン人なウインガー。元所属のリバプールでもミランでも全然起用されなかったがジェノアでプチブレイクしたけどそれも放出候補だったけどモンテッラが必要だから止めた、という噂あり。もう一回書くけどいかにもスペイン人なのでデュエル大好き。そして勝つ。ミランが後半戦で苦戦したのもスソ(とボナベントゥーラ)がいなかったから。来季も期待。なおPKを外した。

 

・ジェラール・デウロフェウ

前半戦のMVPがスソなら後半戦のMVPはデウロフェウでいいんじゃないですかね! そしてそのスソ以上のデュエリストで1対1なら基本仕掛ける。1対2でも仕掛ける場合多い。ドリブルしなきゃ死ぬんじゃないかってほど仕掛ける。ただスソよりもパス才能はないのでチャンスメイクとかそういうのは期待しちゃいけない。よくよく考えなくてもさすが元バルセロナ。なおミランで活躍してスペイン代表復帰である。というかミランの前線でスペイン人二人が活躍とかホセ・マリとダヴィモレノの事を思うとあれであれである。なあ金沢? エヴァートンからのレンタルだけどバルセロナに買い取り権利があるのでスペインに帰る噂があるけど本人はバルサなんか行ったら出番ないだろう! とミラン残留を希望中。どうなることやら。なおPKを打つ機会がなかった。

 

・エムバイェ・ニアン

超簡単に言うと「センターだとちょっと迫力不足なんだけどサイドも出来るからまあいいじゃない、なバロテッリ」。突進力があるので前半戦ではかなり重用された。されたけど調子を落としてスタメンからちょっと外されたらふてくされてしまいやる気を出さなかったら地元ミラニスタに猛バッシングされてまたふてくされてそのままモンテッラの信頼を失ってワトフォードにレンタルに行ってしまった。どうやらそのままどこかに放出されそう。勿体無い。シャーラウィといいミランはこういうのあるのたまらん。なんとかして下さい。なおPKを外した。二本連続で。

 

・ルーカス・オカンポス

ニアンが拗ねてボナベントゥーラが怪我をしてどうしよう! となって急いでモナコから借りた。だけどその後本命のデロウフェウが無事借りられたのでそれほど出番はなかった。なおもうみなさんお分かりだと思いますが。ドリブラーデュエリストです。でもそっちの方もデウロフェウの印象が強い。今後は不明。なおPKを打つ機会がなかった。

 

◯MF

・ジャコモ・ボナベントゥーラ

14-15の夏のメルカートで期限ギリギリでミランに移籍したら殊の外水があったのか影のエースとして君臨してそのまま表のエース級になった人。今季もインサイドハーフに左ウインガーにと八面六臂の活躍だったけど怪我で今季絶望になってミランもそのまま調子を落としてしまった。やはりエース。なんというか上手い。攻撃的なポジションならCF以外はこなしそう。というかカンドレーヴァジャッケリーニとかそういう選手多いですね今のイタリアは。ELも決まったことだし来季は怪我デリがつしないことを祈るばかり。

 

リッカルド・モントリーヴォ

俺達のカピタン。カピタンだけどキャプテンシーをことさら感じさせない。それがどうなのかは俺には分からない。あとファンからの評価は低いけど指導者レベルだと評価高いのは何故なんだろうね? はっきり言うと上手い。足元とか上手いし戦術眼もあるんだけど不安はあるけど守備もこなす。多分評判よくないのはやる気が目に見えてこないからじゃないのかと思わないでもない。なお今季は2016年10月に代表戦で怪我をして復帰したのが2017年5月に復帰なので印象のクソもない。ただ復帰してすぐにアズーリに呼ばれてるのすごい。

 

・マヌエル・ロカテッリ

そんなモントリーヴォの穴を埋めたのがロカテッリ君19歳。デビューは15-16だけど本格的に起用されたのは今季。モントリーヴォの穴をそのままアンカーとして入ってユベントス戦で決勝点を決めた時はああこれでアンカーのポジションは安泰だ、と思わせておいてシーズン後半は調子を崩してホセ・ソサとの併用になってしまった。プレイスタイルはなんというかアルベルディーにみたいな気がする。気がするだけかもしれないけど。来シーズンはどう考えてもモントリーヴォとのポジション争いというかしてほしい。

 

・ユライ・クツカ

バッキバキの武闘家MF。フィジカルでごりごり押すタイプ。いかにもミハイロビッチが好きそうなタイプで実際ミハイロビッチ政権ではバリバリのレギュラー。モンテッラの下でも同じような扱いだったけどモンテッラは足テクある人間を起用する病に罹患しているので印象としてそれほど試合には出てない気がするけど調べはしない。何も噂も聞かないしレンタル組がどうなるかさっぱりパシャリッチなので多分残るんじゃないかな。

 

・マリオ・パシャリッチ

今季のミランチェルシーからのレンタル組。というかチェルシーに入団してから一度もチェルシーでプレイしてない。特徴としてはいかにもクロアチアのMFっぽい足テクがある選手。バランサーじゃないのでよく前線に顔を出してた。今季のミランのMFはボナベントゥーラもモントリーヴォも怪我でいなかったこともあるけど誰も完全レギュラーはいなかったのですがその中では、まあ、って感じ。多分ミランは買い取らないしそうしたらチェルシーからまた何処かにレンタルでしょう。

 

マティアス・フェルナンデス

フィオレンティーナからのレンタル組。普通ならレンタルに出るような年齢でもないんだけれども。非常に偏った意見なんだけれどもいると安心出来るというかなんというか。やはりというかなんというか来季どうなるかは不明。個人的には買い取ってもいいんじゃないかと思ってます。

 

・ホセ・ソサ

攻撃的MFだった気がするけど何故かアンカーでの出番ばかりだった。テクニックは高いし守備もよくやってくれたとは思うけどじゃあ活躍したかと言われるとほにゃらほにゃら。インサイドハーフの方が良かったんじゃないかなーと思いつつモントリーヴォいなかったからねしょうがないね。

 

アンドレア・ポーリ

・アンドレア・ベルトラッチ

まあ来季がんばってくれ。ポーリはミランから放出されそうだけど。なおベルトラッチの移籍金の事を考えてはいけない。

 

DF

・アレッシオ・ロマニョーリ

若き身でミランのDFリーダーであり中心。今思うとローマはよく売ってくれたと思うし高い移籍金の価値はあった。今時のCBらしくフィジカルもあるしボール奪取も出来るしパントもあるしという総合的なCBである。物足りなさがないわけじゃないけど。というかロマニョーリいないとミランのディフェンスはゆるふわなので是非とも怪我をせずに頑張って欲しい。

 

ガブリエル・パレッタ

髪に関してはすべてを諦めた。前半戦ではロマニョーリの相棒として若きDFリーダーをフォローしていたけど段々ポカをしなければミランのCBじゃないと言わんばかりの軽さを見せつけてくれた。元々南米出身のCBっぽいフィジカル寄りの選手だったけれどもなんというかなんでそれをする? みたいな場面が多くて見てて辛み。

 

クリスティアン・サパタ

気付いたらもう古株レベルでミランにいるなー。なおプレイヤー的に成長しているとかそういうことは一切ない。フィジカルで跳ね返すけどテクニックで振り回されるのは相変わらずです。とは言えロマニョーリが怪我でいなかったりパレッタがあれしたりでそれなりに出番はあったしなによりミラノデルビーの劇的同点弾だけでお釣りは十分な気がしないでもない。バッカのお友達枠とか言うな。バッカがいなくなってもいるかどうかは不明だけど。

 

・グスタボ・ゴメス

ロマニョーリの相棒を期待されたけど特にインパクトは残せず。いやその方がCBとしてはいいんじゃないのって気がしないでもないけど。

 

・マッテア・デ・シリオ

いや今季無茶苦茶頑張ってくれましたよ? 地元ミラニスタからボロボロに言われてるけど俺は全然叩かれる要素はないと思う。まあ守備意識と言うか瞬間の状況判断能力がちょっと、とは思うけれど。なおミラニスタに叩かれまくったせいか来季は恩師アッレグリのいるユベントス行きが濃厚。後々悔やみそうな気がしないでもない。

 

イニャツィオ・アバーテ

俺達のアバーテ。年を取って非常に軽かったプレイも段々治まっていき円熟のフォローを見せていたけれども目の病気で無念の離脱。アバーテの離脱も後半戦の失速の原因の一つだなー。目の怪我治ったら頑張ってほしい。

 

ダヴィテ・カラブリア

なんか全然印象にない。試合には出てるのに。(主に俺の記憶が)おかしい。まあシーズンと同じくデ・シリオの穴を埋めるんじゃないでしょうか。

 

GK

・ジャンルイジ・ドンナルンマ

ミランの希望の星。手足が長いけどスピード感にも溢れ瞬間的反応もものすごい。まあ普通にならこのままあと15年はミランのゴールを守って欲しいんだけどあまりにもものすごいのでGKに不安のあるチームとかから引く手あまたで代理人が敏腕デブのミーノ・ライオラなのでどうにもそこら辺が不安定である。プレーは安定なのにな! まあドンナルンマ君は後ろからのコーチ力を付けたら大変なことになるでしょう。

 

監督

・ヴォンチェンツォ・モンテッラ

シーズン前半戦はスソとかの活躍で一時3位だったが怪我人が続出した後半戦は失速。息も切れ切れでなんとかEL出場権を獲得。今までの監督業通り攻撃的メソッドはいいんだけど守備に関しては結局何も解決できないままシーズンが終わってしまった。オーナーが代わったおかげか、交代劇もなしでそのまま17-18シーズンに入りそうだけど中盤の守備要素をなんとかしないと結局今シーズンと同じような感じになっちゃう気がしないでもない。まあ来季はユベントスをなんとかしろとは言わないけどローマやナポリを出し抜いてCL出場権をゲットして欲しい。

 

おまけ

シルヴィオ・ベルルスコーニ

昔はお金を出すから口も出す、だったけどフィニンベストからお金を引っ張れなくなったからは金はないけど2トップとトップ下が最高、大丈夫私はサッカーに詳しいんだ病に罹患してしまいどうしようもなかったベル爺もついに中国マネーに膝を屈した。とはいえガッリアーニとのコンビでミランをめちゃくちゃ強くしたのは事実であるのでそこら辺の評価は絶対にするべき。とりあえず今までありがとうそしてさようなら…。

 

以上でーす。なんか言いたいことあったらツイッターでもこのブログでも言ってくれればいいよ!

戦争映画ベストテン

わーブログ書くの久しぶりー。と言う訳で本題ドン。

 

戦争映画ベストテン - 男の魂に火をつけろ! <戦争映画ベストテン受付中>

 

に参加する訳。どーゆーあんだすたあん?

 

1位:この世界の片隅に(2016年 片渕須直監督)
2位:スターシップ・トゥルーパーズ(1998年 ポール・ヴァーホーヴェン監督)
3位:地獄の黙示録(1979年 フランシス・フォード・コッポラ監督)
4位:ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還(2004年 ピーター・ジャクソン監督)
5位:戦争のはらわた(1977年 サム・ペキンパー監督)
6位:イングロリアス・バスターズ(2009年 クエンティン・タランティーノ監督)
7位:プライベート・ライアン(1998年 スティーヴン・スピルバーグ監督)
8位:戦国自衛隊(1979年 斎藤光正監督)
9位:スター・ウォーズ ジェダイの帰還(1983年 リチャード・マーカンド監督)
10位:ブラックホークダウン(2002年 リドリー・スコット監督)

 

各映画の寸評? 無いよ!!

 

キルラキルのサブタイトルの元ネタの曲を淡々と貼るだけの簡単な更新。

無事、というか期待通りのエンディングを迎えたキルラキル、面白かったですね。ここで普通なら感想やらなんやらを書くのが普通なんでしょうけど(ここで一旦虚空を見つめ)そんなのはどうだっていいんだよ! 面白ければ問題なし! 文句のある奴はケツを蹴り飛ばしてスマックダウンホテルにぶち込んでやる!

 

でもこのアニメに関して何かを残しておきたい、そう思った俺はサブタイトルが昭和の歌謡曲がネタになっているのをただ淡々と貼る。

 

第一話「あざみのごとく棘あれば

https://www.youtube.com/watch?v=aPXD915n2IE

曲では「あざみの如く棘あれば」。古谷一行金田一耕助シリーズの主題歌。

 

第二話「気絶するほど悩ましい

https://www.youtube.com/watch?v=Xyf-LGuocg0

Charの歌ですが俺の世代だと沖田浩之のカバーかなあ。

 

第三話「純血」

https://www.youtube.com/watch?v=fVLUOmpdLy8

この曲だけですね、本編と密接に関連しているタイトルは。

 

第四話「とても不幸な朝が来た」

https://www.youtube.com/watch?v=7sKjtkcP1q0

なんていうかすごくパンク魂あふれる曲名だなあ。

 

第五話「銃爪」

https://www.youtube.com/watch?v=s70LtnWxsVo

世良公則のカッコ良さは異常。なおこの回で「あ、このアニメのタイトルは昔の曲なんだ」と気付きました。

 

第六話「気分次第で責めないで」

https://www.youtube.com/watch?v=Q2l2RrY4X-g

原曲は「気分しだいで責めないで」。そしてサザンオールスターのコピーバンドしか見つからないという。こんな企画するんじゃなかった!

 

第七話「憎みきれないろくでなし」

https://www.youtube.com/watch?v=FtF5mNd3Pfs

ジュリィいいいいいい! 蛇界転生。

 

第八話「俺の涙は俺が拭く」

https://www.youtube.com/watch?v=YZntrR3hw_I

原曲は「俺の涙は俺がふく」。イントロ超かっこいいなこの曲(聞いた記憶ありませんでした)

 

第九話「チャンスは一度 」

https://www.youtube.com/watch?v=yCe2be37P4s

なんとなくなんですけど、中島かずきはその歌手の代表曲を外してる気がするなー。

 

第十話「あなたを・もっと・しりたくて」

https://www.youtube.com/watch?v=Idw3V4DuDZ4

薬師丸ひろ子の歌声はエロい。

 

第十一話「可愛い女と呼ばないで」

http://www.nicovideo.jp/watch/sm5088036

ようつべにない上に金井夕子の原曲はどこにもなかったんよ? 

 

第十二話「悲しみにつばをかけろ」

https://www.youtube.com/watch?v=EQ4ft1rdGcQ

ドラマ「白い牙」テーマ曲。

 

第十三話「君に薔薇薔薇...という感じ」

https://www.youtube.com/watch?v=qwzhoLCXerI

どうでもいいが俺の上の姉が田原俊彦の大ファンだった。よってトシちゃんの曲はすげえ耳に残っている。

 

第十四話「急げ風のように」

https://www.youtube.com/watch?v=xYj9BNKST4s

ドラマ「浮世絵女ねずみ小僧」テーマ曲。

 

第十五話「どうにもとまらない」

https://www.youtube.com/watch?v=aATuqZ9W6Sw

うわこの曲俺の生まれる前じゃない! そう思うとすげえなあ…。

 

第十六話「女はそれを我慢できない」

https://www.youtube.com/watch?v=m0sHtR_juSg

アン・ルイスは本当にかっこいい。

 

第十七話「何故にお前は」

http://www.dailymotion.com/video/x1jr3z1_17-%E4%BD%95%E6%95%85%E3%81%AB%E3%81%8A%E5%89%8D%E3%81%AF-%E5%8C%97%E5%A4%A7%E8%B7%AF%E6%AC%A3%E4%B9%9F_music

まさかのdailymotion。北大路欣也の歌でドラマ「地獄の辰捕物控」テーマ曲。

 

第十八話「夜へ急ぐ人

https://www.youtube.com/watch?v=EcNHdRFWpB8

すげえ歌詞…。

 

第十九話「たどりついたらいつも雨ふり

https://www.youtube.com/watch?v=90IyXd8vESA

吉田拓郎ですね。

 

第二十話「とおく群衆を離れて」

http://www.dailymotion.com/video/x1jqomx_20-%E3%81%A8%E3%81%8A%E3%81%8F%E7%BE%A4%E8%A1%86%E3%82%92%E9%9B%A2%E3%82%8C%E3%81%A6-%E5%A4%AA%E7%94%B0%E3%81%A8%E3%82%82%E5%AD%90_music

dailymotion再び。たまげたなあ…。にしてもこの曲かっこいい。

 

第二十一話「未完成」

https://www.youtube.com/watch?v=ylMFxcIoIk4

郷ひろみがまだヒロミゴーじゃない頃の曲ですな。ギターかっけえ。

 

第二十二話「唇よ、熱く君を語れ

https://www.youtube.com/watch?v=upLb9n4x0N0

CMで使われてましたね。

 

第二十三話「イミテイション・ゴールド」

http://www.dailymotion.com/video/xdwxd6_%E3%82%A4%E3%83%9F%E3%83%86%E3%82%A4%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89-%E5%B1%B1%E5%8F%A3%E7%99%BE%E6%81%B5_people

まさかのこの名曲が無いとはなあ…。山口百恵は今見てもすげえかっこいいので若い世代は色々検索するといい。

 

第二十四話「果てしなき闇の彼方に」

https://www.youtube.com/watch?v=0b5q3nzgttQ

あしたのジョー2ED。まあおぼたけしのあしたのジョー曲は全部名曲だからね、仕方ないね。

 

まあキルラキルは傑作でそのサブタイトルに使われた曲も名曲ばかりということでもうそれでいいんじゃないかな(オチを付ける気無し)。

劇場版まどマギ観てきました(6日ぶり二回目)

という訳で今日は時系列的に感想をつらつら書いていこう。俺的解釈も入れておくので突っ込んで欲しい。

続きを読む

SF映画ベストテン

http://d.hatena.ne.jp/washburn1975/20131031

久しぶりに参加しまっす。心の余裕って大事ですよねー。

1:ウォッチメン(2009年アメリカ、ザック・スナイダー監督、ジャッキー・アール・ヘイリー主演)
2:魔法少女まどかマギカ新編 叛逆の物語(2013年日本、新房昭之総監督、悠木碧斎藤千和主演)
3:エイリアン2 (1986年アメリカ、ジェームズ・キャメロン監督、シガニー・ウィーバー主演)
4:リベリオン(2003年アメリカ、カート・ウィマー監督、クリスチャン・ベール主演)
5:JM(1995年アメリカ、ロバート・ロンゴ監督、キアヌ・リーヴス主演)
6:ブレードランナー(1982年アメリカ、リドリー・スコット監督、ハリソン・フォード主演)
7:パシフィック・リム(2013年アメリカ、     ギレルモ・デル・トロ監督、チャーリー・ハナム主演)
8:2001年宇宙の旅(1968年アメリカ、スタンリー・キューブリック監督、ケア・ダレー主演)
9:プレデター(1987年アメリカ、ジョン・マクティアナン監督、アーノルド・シュワルツェネッガー主演)
10:攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D(2011年日本、神山健治監督、田中敦子主演)

 

うん、俺らしい…。ウォッチメンがSFなのかって? Dr.マンハッタンさん無茶苦茶SFじゃねえか!! そして自分でも入れておいてなんだけど2位に草不可避というかほらあんまりにも衝撃だったから…。他は無難ね…。 

 

劇場版魔法少女まどか☆マギカ感想(壮大なネタバレ)

という訳で劇場版のまどマギ観てきた! ゲロが出るほど面白かった!! とりあえず面白すぎて気持ちがざわついているのでこれを書いて落ち着くこととす。まだ未見の人がこれを見ることはまかりならん。

 

続きを読む

ゲスだ! お前はゲスになるんだ!

イヤァオ!(挨拶) 

 

いやなんていうの、人として8ヶ月以上放置とかどうなの? 「ガットゥーゾがシオンの選手兼監督になったら監督だけ解任されてしかも気付いたらセリエBに降格したパレルモの監督になっていた」とか「ミランとチェスカの本田△大騒動(リャイッチもあるでよう)」とか色々書くネタはあったじゃない! まあ俺だって病気になったり仕事クビになったり父親死んだりといろいろあったんじゃ…あったんじゃよ…。

 

まあそれはともかく。このお盆にあえてみんなに推奨したい。

 

「ゲスになろうぜ!!」

 

なんてーの、人の不幸は蜜の味じゃん? 世の中キレイ事ばっかりじゃないじゃん? むしろ人間の! 汚い面こそが! 見ていて! 面白いんだよ!

 

という訳で今から2ちゃんまとめ系からいくつかの読んでいて基本「人間は性根腐っているから全滅させよう」と思わず知的生命体が思うような俺の大好きな記事をピックアップ! なおこういうものに付き物な釣りか否かは今回は問いませぬ。矛盾しますがこういう2ちゃんまとめ系ってまず面白ければいいと思っているので。

 

・Hagex-day.info

http://d.hatena.ne.jp/hagex/

ここだけ記事抜き取りじゃなくページそのもの。よりどりみどりのゲスな記事が詰まっておりここを読み始めることからゲスラーへの道が始まるといっても過言ではない。また頭おかしい系ネット知識人へのツッコミもまた楽しい。

 

ヒクソン

http://blog.livedoor.jp/love2ch/archives/50842886.html

過去も現在も浮気関係のネタは石を投げればどこかに当たるほどある訳ですが、その中でもこの記事は「浮気復讐モノ」の雛形としてどこかの美術館に飾っておきたい程素晴らしい。いまある復讐モノはこの記事から始まった、簡単にいえば浮気復讐モノの力道山先生ですよ! スカッとしてしまいますがこういう場合は復讐されたゲスにニヤニヤするといいです。

 

・日曜日 ◆c2tSFmruf.

http://sister1234.web.fc2.com/sunday/

ゲスというか頭湧いてる系。奥さんとのコラボ作品なわけですがその対比が面白い。そしてこの男、人の話を全く聞かない&理解できない。馬鹿な男が地獄に落ちる様をブランデー片手にどうぞ。

 

・てっちゃん ◆pjT61fojK2

http://sister1234.web.fc2.com/sunday/tetsu.html

正統派ゲス。自分のことは棚に上げ奥さんのことを責めるばかり。最後まで反省しないその姿勢は「ああ、クズや…」と言う感想しか出てこない。

 

・町役場 ◆tg7siRAOv2

http://www29.atwiki.jp/matome-tera/pages/12.html

典型的自己中心的ゲス。女性の方は途中で気分悪くなるかもしれませんのでご注意。あと世の中の男はこんなヤツばっかりじゃないよ! 

 

・ タイチ ◆aBA6Mc1NDo

http://www29.atwiki.jp/matome-tera/pages/62.html

ただただ読んでいて殴りたくる。

 

・コロ ◆FaqptSLluw

http://www29.atwiki.jp/matome-tera/pages/192.html

ここで一服の清涼剤。最初はまあ単なるクズの相談だったのが段々路線を離れて何故か面白方面へ…。ロミオメールと言う概念がない時期にこれを仕上げた職人に乾杯!

 

・LA ◆Ev31kV9NFU

http://www29.atwiki.jp/matome-tera/pages/454.html

まあ色々な所に生息する「他人のことを見下さないと生きていけないの? どうなの?」系男が送るめくるめくジェットコースター劇。まあ本当にプライドが高い。

でもどうしようもない。奥さんとのコラボもあるけど単品でも十分いける一品です。

 

・理得参上!!

http://www4.atwiki.jp/purin/pages/200.html

正直お作り物くさいんだけどそうだとしてもよくこんなゲスい人物を創作できたと思うだけで反吐が出そう。

 

・酢旦那

http://2chkijo.blog9.mmm.me/mmmblog-entry-178.html

「嫁のメシが不味い」通称メシマズスレはその秀逸なスレタイとともに人気があるスレッドの一つですがそんな中こんな恐怖体験をする人が! 恐ろしい! クズどころじゃねえだろ! 

 

・海水男

http://mashimaz.blog95.fc2.com/blog-entry-1229.html

http://usagisokuhou.blog.fc2.com/blog-entry-302.html

またメシマズ系から。自分の味覚障害を棚に上げ(アンチョビそのままご飯に乗っけて食っちゃダメだろ…)嫁を攻撃していたら離婚。まあそれだけでも十分制裁を受けたといえるのですが、実はまだ続きがあるのです…。人と人とは理解し合うことが大事だね!

 

・伝説の922

http://www4.atwiki.jp/purin/pages/292.html

怖い。何が怖いって自己責任を顧みず全て他人のせいにして自分の利益しか考えてないその思想が。人と人とは(以下略)

 

・毎週末夕食をたかり他人の家庭を破壊

http://d.hatena.ne.jp/hagex/20090618/p1

ラストは近年で最も俺が最悪だと思ったエピソードで。これも他人を見下ろす人間の所業なんですが何がゲスいって自分たちじゃなく他人に迷惑をかけている所。しかもナチュラルに。鴨を知らずに食べて後でゲーゲー吐くエピソードなんてこちらが吐き気を催します。皆も真夏に嫌な気分になろうぜ!

 

いかがでしたでしょうか? 自分は性善説性悪説も信じておりません。ただ世の中には色々な人間がいて色々な考えを持ち色々な生活をしている。その中で自分がどれだけ自分を律することが出来るか、それが人として生き方なのではないかと。

 

なーんていいこと書いて自分のゲスさを少しでも掻き消すテスト。